水道工事の業者選びとは?自分で直す時の注意点

水道工事の業者選びとは?自分で直す時の注意点 蛇口などから水が漏れてしまった時はどこへ修理依頼をすればいいのか悩んでしまいます。ネット検索したものの、メーカーや修理業者の数が多く決めれないこともあります。又、自分で修理できるのではと考えて試す人もいるかもしれません。水漏れしてしまうことでパニックになってしまう人もいるのではないでしょうか。そこで今回は水道 工事の依頼ができるおすすめ業者の見分け方と、自分で修理することが可能なのかについてご紹介します。

■業者を選ぶポイント

修理業者を選ぶ時はまず対応の速さに注目しましょう。年中無休なのか、定休日があるのかで考えるとわかりやすいです。水漏れの場合は少量程度であれば使い続けることが可能ですが、大量に漏れてしまっている時は使用することができません。生活が不便になってしまうだけでなく浸水などの危険もあるため、早急に修理を行ってくれる業者に依頼します。少量だからと放置しているとだんだんと症状が進み、そのうち大量に水漏れしてしまうことや少しの部品で修理できたものが、本体の交換までしなければいけなくなってしまうこともあるため修理を先延ばしにすることはおすすめできません。
作業前に見積を提示してくれる業者にしましょう。修理業者の中には高額な金額を請求するところもあります。このようなトラブルにならないために、事前に修理方法や見積もりをしっかり説明してくれる業者かどうかを判断基準にします。見積は無料で提出してくれる業者にすると、納得できない時に断れるようになります。故障なのか正常なのかわからない時にこのような業者に依頼するととても便利です。

■水道 工事の注意点
水道 工事は大きく分けて2種類あります。公道と呼ばれる道路の下にある水道管から自宅のメーターボックスまでのものを公道工事といいます。これは水道管から自宅の私有地まで水を通すための工事のことです。そして、メーターボックスから家の中にある蛇口までのものを宅内工事と呼びます。水道 工事で注意しなければいけないことは、これらは自分で行うことができないということです。これは水道の水を使う人が安全に使用できるよう、市などが基準を決めて正しく行えるように決めているからです。これをするためには給水装置工事事業者の資格が必要で、この資格がない人が行うと危険なだけでなく、やり直しや給水の停止となってしまうことがあるため注意しなければいけません。ただし、蛇口の取り換えやパッキンの交換など簡単に行えるものは資格がなくてもできることになっています。

■自分で修理を行うには

自分で修理を行う時は、止水栓を使って水を止めてから行います。そして、故障している製品のメーカー名や、品番を調べるようにしましょう。どこが故障しているのかを調べます。メーカーのホームページを検索すると修理方法を掲載している企業もあるので、調べてみるとわかりやすいです。部品を購入する場所はホームセンターなどで購入することができますが、蛇口によってパッキンやネジの大きさが違っているので注意が必要です。
古い蛇口などは部品を交換しても直らないこともあります。このような時は蛇口を交換しなければいけませんので、水道 工事の専門業者に依頼するようにしましょう。自分で修理をしようと道具をそろえても部品が違って買いなおしをしたり、修理に時間がかかってしまうこともあるでしょう。修理を急いでいる時は無理をせず業者に依頼することで結果的に安く直せることもあります。

■まとめ
自分で直すときは、故障の状況や、故障している場所などによって判断してみて下さい。修理業者はホームページなどで修理費や出張費などを明確にしていて、対応が早い業者、実績が多い業者を選ぶのがおすすめです。メーカーだと土日などの休日に対応してもらえないこともありますので、どのメーカーでも対応できる修理範囲が広い業者にすると安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース